ヨウスコウカワイルカYangtze River dolphins

2002年絶滅

LOST ZOOのヨウスコウカワイルカ

0%
    ヨウスコウカワイルカ

    ほかのイルカのように細長く先がほんの少し上向きになったくちばしをしており、歯は上下にそれぞれ30から36本生えている。小さな目は顔の上の方にある。

    ヨウスコウカワイルカ

    ヨウスコウカワイルカは普段つがいで動き、それらが集まって10頭ほどのグループを形成する。

    ヨウスコウカワイルカ

    長江の濁った水中では視力はほとんど役に立たない。元々視力の弱いヨウスコウカワイルカは、高度に発達したエコロケーション能力を使って餌を見つける。

    ヨウスコウカワイルカ

    近年、ヨウスコウカワイルカの数が減少した主な要因は、電気を用いた違法な漁業で死亡原因の40%を占めるとされる。また水質汚染、ダムや水門によって川の支流や湖に魚が回遊できなくなってしまったことも大きな要因である。

    ヨウスコウカワイルカ、別名白鱀
    • ヨウスコウカワイルカは長江河口から約1900㎞までのエリアと、銭塘江の中流から下流地域、および鄱陽湖・洞庭湖で発見された。
    • 体長:オス 141-216 cm、メス 185-253 cm
    • 体重: オス 42-125 kg、メス 64-167 kg
    • 色:背中側は青みがかった灰色、腹側は白
    • 妊娠期間:推定6から12か月で、メスは2年ごとに体長80㎝の子どもを1頭産む
    • 成熟期:生後3から8年
    • 寿命:24年以上
    展示どうぶつ
    ヨウスコウカワイルカ