レユニオンドードーRéunion sacred ibis

1710-1715年絶滅

LOST ZOOのレユニオンドードー

0%
    レユニオンドードー

    レユニオンドードーの特徴は、白い羽毛に黒い羽先と腰背部のダチョウのような黒い飾り羽だ。

    レユニオンドードー

    レユニオン島の人里離れた山に単独で生息した。

    レユニオンドードー

    体重の割に羽が短かく飛ぶことが苦手だったため、主に地上に生息した。

    レユニオンドードー

    レユニオンドードーの羽の骨は羽を使って闘う鳥のものに似ており、飛ぶ能力が低いことがわかる。

    レユニオンドードー
    • レユニオンドードーについて最初に記述されたのは300年前のことである。レユニオン島を訪れた旅人らによって、羽の先が黒く、腰にダチョウのような黒い飾り羽を持つ、大きくてずんぐりとした白い鳥が目撃されたのだ。首と足が長く、くちばしはほかのトキと比べ短い。島の高い山の上に単独で生息したが、それはおそらく人間による乱獲や、持ち込まれたネコやブタから逃れるためだったとされる。
    • 体長: 65 cm
    • 体重: 雄の七面鳥とほぼ同じ
    • 生息地:レユニオン島の高い山々の人里離れた山頂付近
    • 食べ物:地虫など地中の小さな無脊椎動物を捕食し、長くて強いくちばしを使って地中を探した。
    • 絶滅:人間による乱獲や、持ち込まれたネコやブタに捕食され1710から1715年ごろに絶滅した。
    展示どうぶつ
    レユニオンドードー