ピンタゾウガメPinta island tortoise

2012年6月絶滅

LOST ZOOのピンタゾウガメ

0%
    ピンタゾウガメ

    ロンサム・ジョージはガラパゴス諸島のうちはるか北に位置するピンタ島固有の亜種を代表した最後の個体だった。

    ピンタゾウガメ

    ピンタゾウガメは乾燥した環境に生息するガラパゴスゾウガメ特有の「鞍型」の甲羅である。

    ピンタゾウガメ

    他の鞍型のゾウガメたち同様、ピンタゾウガメも長い首をもっている。

    ピンタゾウガメ

    今日、我がLOST ZOOはピンタゾウガメを飼育している世界でたったひとつの動物園である。

    ピンタゾウガメ
    • ガラパゴス諸島における最大のスターどうぶつとも言える大きなリクガメ。それぞれの島固有だった15種の全亜種のうち10種のみが現存している。長きにわたり、サンタクルス島のチャールズ・ダーウィン研究所で保護されていた個体は"ロンサム・ジョージ"と名付けられた。彼こそがガラパゴス諸島の中でも特に北に位置するピンタ島を代表する11種目の亜種であった。
    • 体重:メスよりもオスは大きくなる:オスは272-317kg、メスは136-181kg
    • 外見的特徴:長い首と鞍型の甲羅
    • 寿命:100歳以上
    • 卵:最大で16個の球状の卵(82-157g)を30cmの深さに産む
    • 性比:他の爬虫類と同様に、気温が生まれてくる個体の雌雄について重要な役割を果たす:高い気温はよりメスを、低い気温ではより多くのオスを出現させる
    • 絶滅:2012年6月
    展示どうぶつ
    ピンタゾウガメ