ジャマイカニシキオオツバメガJamaican sunset butterfly

1894-1895年絶滅

LOST ZOOのジャマイカニシキオオツバメガ

0%
    ジャマイカニシキオオツバメガ

    ジャマイカニシキオオツバメガの鮮やかな色は、昼行性であることを示唆し、夜行性の近縁種の蛾とは大きく異なる。

    ジャマイカニシキオオツバメガ

    ジャマイカニシキオオツバメガの大群は、有毒なセイヨウハシバミの木の葉に卵を産み付ける。孵化した幼虫はその葉を食べ落葉させる。

    ジャマイカニシキオオツバメガ

    彼らは主に早朝と夕方近くに活動し、暑い日中はハチの群れのように木の枝にとまって群れで休む。

    ジャマイカニシキオオツバメガ

    ジャマイカニシキオオツバメガは宿主植物がある土地の間を移動するが、このチョウの周期的な大群は長年にわたる数の欠乏のため、ばらばらに散ってしまった。

    ジャマイカニシキオオツバメガ
    • 色鮮やかなジャマイカニシキオオツバメガはジャマイカの海岸沿いの低地にある熱帯雨林に生息する。彼らは早朝と夕方近くに活動し、大群でアボカドやセイヨウハシバミの花にやってくる。それらは毒性な木であるが、その低木(Omphalea triandra)の葉がこのチョウの毛長の幼虫にとって唯一あるいは主な餌であり、幼虫の数が激増するとその地域の木の葉は落葉する。
      19世紀の終わりに、ジャマイカの低地にある熱帯雨林が伐採され農地に変換されたために生息地が破壊され、ジャマイカニシキオオツバメガは絶滅に追いやられた。
    • 大きさ:64-76 mm
    • 生態:ジャマイカニシキオオツバメガは夜行性の蛾のグループに属するが昼行性で、鮮やかな派手な色は日中の活動を知らせるだけでなく、毒性であることを捕食者に警告している。
    • 生息地:主にジャマイカの海岸沿いにある低地の熱帯雨林。幼虫にとって主な、または唯一の餌であるセイヨウハシバミの低木と結びついた場所に生息する。
    • 絶滅:1894-95年に絶滅した。低地にある熱帯雨林が伐採され農地に変換されたため、幼虫の餌の木がなくなったことが原因。
    展示どうぶつ
    ジャマイカニシキオオツバメガ