ガラパゴスコメネズミGalapagos rice rats

1929-1934年絶滅

LOST ZOOのガラパゴスコメネズミ

0%
    ガラパゴスコメネズミ

    ガラパゴスの固有種のコメネズミは3属7種生息していた

    ガラパゴスコメネズミ

    ほとんど夜行性だが、日中にも観察できる
    低木の下の巣穴や石の隙間、溶岩路などで巣作りをする

    ガラパゴスコメネズミ

    主に草、種、果実を食べるが、昆虫やミミズなどの肉食性なものも食べる

    ガラパゴスコメネズミ

    クマネズミの導入とガラパゴスに移民する数多くの人間によって4種は絶滅に追い込まれたとされている

    ガラパゴスコメニズミ
    • 二種のコウモリ以外でガラパゴス諸島に人間が踏み入る前から生息していた唯一の哺乳類。最も近い仲間はエクアドルとペルーに生息するキイロコメネズミであり、これは大陸でみつかる。
    • 頭胴長:20-30㎝
    • 全長:31-45㎝
    • 体重:200₋230㎏
    • 生息地域:乾燥低木地。穴を掘り、または低木の下の石の隙間に巣を作る
    • 絶滅:1929-1934年、ヨーロッパの移民が諸島に外来種を導入したため
    展示どうぶつ
    ガラパゴスコメネズミ