カリブモンクアザラシCaribbean monk seal

1952年絶滅

LOST ZOOのカリブモンクアザラシ

0%
    カリブモンクアザラシ

    カリブモンクアザラシの成獣は、青っぽく黄色みがかった幼獣に比べて深い色の毛皮である。オスはメスよりも大きく育つ。

    カリブモンクアザラシ

    長くて、まっすぐで、明るい色をしたヒゲはカリブモンクアザラシの丸っこい顔によく目立つ。

    カリブモンクアザラシ

    カリブモンクアザラシは海辺で最大100 頭ほどの群れを作って休む。それは主に年齢や世代ごとで構成されている。

    カリブモンクアザラシ

    人里離れた島や、環礁などに暮らすカリブモンクアザラシは、本土の海辺ではほぼ見ることはできない。

    カリブモンクアザラシ
    • カリブアザラシは、西大西洋、メキシコ湾、カリブ海の熱帯から亜熱帯にかけての温かい海に生息していた。閑静で孤立した環礁や島の、砂浜で暮らすことを好んでいた。カリブモンクアザラシはハワイ諸島に生息するハワイモンクアザラシと地中海に生息するチチュウカイモンクアザラシの近縁種である。
    • 体長:最大で2.4m
    • 体重:170-270kg オスはメスよりも大きくなる
    • 体色:背中は灰色がかった茶色、顔から腹部にかけては明るい黄色で、首部分の脂肪でできた輪状の"襟"は、クリーム色をしている
    • 新生児:およそ1m、16-18kgほどの大きさで、生まれた時はつやつやとした黒色をしている
    • 寿命:およそ20年
    • 野生下での絶滅:1952年
    展示どうぶつ
    カリブモンクアザラシ