カリフォルニアグリズリーCalifornian grizzly

1924年絶滅

LOST ZOOのカリフォルニアグリズリー

0%
    カリフォルニアグリズリー

    喉と横腹の毛が最も長く、腹部は毛が少ない。背中と横腹にある厚い下毛が腹部には少ないためだ。

    カリフォルニアグリズリー

    通常、グリズリーの体は茶色で足はこげ茶色。横腹と背中の毛先が灰色または金色をしている。

    カリフォルニアグリズリー

    肩にはっきりとしたコブがあり、尻は肩よりも低い位置にある。この特徴によってグリズリーとアメリカクロクマを見分けることができる。

    カリフォルニアグリズリー

    もう一つの特徴がくぼんだ横顔と短く丸い耳。

    カリフォルニアグリズリー
    • ヒグマ(Ursus arctos)はベーリング海峡を通ってアラスカへ渡り、その後さらに南へと移動した。それから約1万1000年の間、北米のヒグマやグリズリーはアラスカからメキシコにかけての半開放地のほとんどの場所で見られた。「グリズリー」は金灰色の毛先を意味する。
      彼らの分布範囲は広く、9種の近縁亜種または個体群に分類される。現在はそのうち2種類の亜種が絶滅している。1924年にカリフォルニアグリズリーが、1964年には最も南に生息したメキシコグリズリーが絶滅した。
    • 身長:カリフォルニアグリズリーはグリズリー最大の亜種で、身長245 cmに達した。一方、メキシカングリズリーは身長183 ㎝の最小のグリズリーであった。
    • 体重:オスのカリフォルニアグリズリーは1000 kg、メキシカングリズリーは318 kg
    • 生息地:温暖な草地や山岳地帯の森林
    • 絶滅:グリズリーは時々、畜牛を襲うことがあり農場主らに害獣とみなされた。そのため罠にかけられたり、銃や毒を使って狩猟されたことが原因で、カリフォルニアグリズリーは1924年に、メキシカングリズリーは1964年に絶滅した。
    展示どうぶつ
    カリフォルニアグリズリー