ブルーバックBlue buck

1800年絶滅

LOST ZOOのブルーバック

0%
    ブルーバック

    ブルーバックはアフリカ最初の大型哺乳類で、有史時代に絶滅した。

    ブルーバック

    ブルーバックの色は主に青灰色で、腹と足の内側は白く、頭に白っぽい模様がある。雄と雌で色に違いはないが、体の大きさと角の長さが異なる。

    ブルーバック

    比較的長くて強い首、白い長い足、膝まである長い尻尾、馬のような黒っぽいひげがあった。

    ブルーバック

    雄雌ともに角があるため順位性は年齢に基づき、雄雌ともに個々の力を活発に発揮していた。

    ブルーバック
    • ブルーバックはケープ州南西部の沿岸にある平原に生息する。この種のアンテロープは、広大な湿地帯の草原や、多年生の草むらのある場所、山腹の雑木林の開けた場所だけに見られた。それはブルーバックが長さが中~長程度の多年生の草といった特定の草を餌とする草食動物だったためである。
      17世紀と18世紀にヨーロッパ人がケープ植民地に住み着いたときには、ブルーバックは絶滅への道を歩んでいた。生息域は狭く、特定の草原地域に限られていた。
    • 肩高:102-116 cm
    • 体高:99-115 cm
    • 体長:95-113 cm
    • 足跡:88 x 48 cm
    • 全長:250-300 cm (雄)、230-280 cm(雌)
    • 体重:約160 kg(成獣雄)
    • 生息地:海抜2400mまでの南西部の沿岸地域に広がる、広大な湿地や多年生の草むらのある草原。
    • 絶滅:ブルーバックは18世紀にはすでに希少であったが、ヨーロッパからの入植者によって毛皮のために狩猟され、生息地は農地に転換された。1800年に最後のブルーバックがケープ州で殺された。
    展示どうぶつ
    ブルーバック