オーロックスaurochs

1627年絶滅

LOST ZOOのオーロックス

0%
    オーロックス

    オーロックスの性的二形は体のサイズだけでなく体の色にもある。オスはメスよりも大型で、色は黒褐色か黒色、メスは赤褐色をしている。オスメスともに鼻面は薄い色か白っぽい色をしている。

    オーロックス

    長く巨大な角のためオーロックスの額はとても幅が広い。角はそのサイズと湾曲、また湾曲する方向に特徴がある。オスメスともに角があるが、メスの角は細長い。

    オーロックス

    多くの野生牛のように、オーロックスも1年の数ヶ月は群れを成した。群れの数はおそらく30頭以上にはならなかっただろう。

    オーロックス

    オーロックスを蘇らせる初めての試みは、精選された繁殖プログラムによって1920年代にドイツのベルリンとミュンヘンにある動物園で行われた。また、いわるゆ「Heck cattle」をよりオーロックスに近づけることを目標とする更なる繁殖活動が1996年に始まった。それはHeck cattleに足りないとされるオーロックスの特徴を取り入れることを目的としている。

    オーロックス
    • 草食動物のオーロックスは、ヨーロッパ、アジアと北アフリカの大草原地帯やタイガ、川岸地帯や混交林に生息した。その広範囲におよぶ分布のため、インド、北アフリカとユーラシアの3つの亜種に進化し、それらはヨーロッパ最大の草食動物の一種であった。オーロックスは、すべての家畜化されたタウリン牛の先祖である。インドの亜種はコブウシのようなウシに、ユーラシアの亜種はそれ以外のあらゆる種のウシが家畜化された。インドの亜種は約4400年前に、北アフリカの亜種は中世前期に絶滅した。ユーラシアの亜種だけが東ヨーロッパで保護されたため1627年に最後のメスが自然死するまで生き延びた。
    • 体高:オスは155-180 cm 、メスは135-155 cm、広い分布の中で南部のものは小型
    • 体重:約700 kg(成獣のオス)
    • 角:長さ80 cm、直径10-20 cm
    • 生息地:ヨーロッパの湿地帯、川岸地帯や混交林。夏は主に草を、冬は葉っぱを採食した。
    • 絶滅:2500年前にはすでにギリシャ南部から姿を消した。13世紀までにオーロックスの分布範囲は北東ヨーロッパだけとなった。1564年には38頭が確認されていたが、1627年に最後の1頭がポーランドで死んだ。
    展示どうぶつ
    オーロックス